髪のダメージの原因と改善法について

髪が痛む原因はひとつではありません。
熱や摩擦、栄養不足、ヘアカラーなど色々なものがダメージとなり、枝毛や切れ毛、パサつきにつながります。

 

特に、毎日のように使用するドライヤー、ヘアアイロン等の熱によるダメージは非常に大きいです。

 

髪はタンパク質で出来ています。
タンパク質は熱を加えることで硬くなります。
目玉焼きやお肉もフライパンで焼くと硬くなりますよね。
それと同じことが、髪でも起きています。

 

特にヘアアイロンは150度〜200度近い高温を直接髪に当てることになりますから、ドライヤーの比ではないほどのダメージを髪に与えることになります。

 

このような熱によるダメージによって、髪が硬くなり、髪がパサつく、枝毛などのダメージにつながっていきます。

 

では、どうすれば熱によるダメージから守れるのでしょうか。

 

ドライヤーであれば、髪から30cm以上離して風を当てることで、熱風が直接的に当たることを防ぎます。
また、全体的に乾いてきたら仕上げに冷風に変更することで髪の表面にツヤが出ますし、手触りもよくなります。
また、髪を乾かす前にヘアオイルを塗ってから乾かすと、熱から髪を守ってくれます。

 

ヘアアイロンを使用する際は、高温で短い時間で仕上げることを心がけましょう。
低温のほうが髪に優しいと思いがちですが、低温でなかなか型がつかず何回も巻き直しをするより高温で一回で仕上げた方がダメージが少なくてすみます。
また、巻く前には髪を熱から守る巻き髪用のローション等を使うと効果的です。
しかし、濡れたままの髪にヘアアイロンを当てると余計にダメージを与えることとなりますので、絶対にしてはいけません。

 

普段のお手入れに少し手を加えたり、手間をかけるだけでも髪へのダメージを防ぐことはできますので、ぜひ試してみてください。

 

PR:サンスター緑でサラナ口コミ 人気の青汁「緑でサラナ」の口コミを見るならこちらから!

日ごろからのヘアケアが大切

 

女性の髪の悩みとして、枝毛や切れ毛、髪の傷みが挙げられると思います。
枝毛や切れ毛が出来たり、髪が傷む原因は様々だと思いますが、特に多いのはヘアアイロンやカラー、パーマによるダメージではないでしょうか?

 

そもそも女性は男性と比べて髪が傷みやすい状況にあります。
男性に比べて女性は髪が長い人が多いと思います。髪が長ければそれだけ毛先にダメージを受けやすいですし、

 

長い髪を綺麗に保つにはそれなりのセットやブローが必要になり、ドライヤーやヘアアイロンなどの使用で高熱に晒されます。
これが毎日積み重なることによって、髪に多大なるダメージを与えていると思います。
また、ヘアカラーやパーマも男性より女性の方がなじみ深いイメージがあります。

 

現在は髪に優しいヘアカラー、パーマの薬剤も出てきてはいますが、やはりダメージを0にすることは不可能ですし、そういった薬剤を使用するコースは高額にもなるため、学生さんなどは手が出せない人もいるのかもしれません。

 

私は、髪の毛はどうしてもダメージを受けてしまうもので、仕方がないことだと考えています。
大切なのは、ダメージを受けてしまう髪の毛をどのように守るか、ケアをするか、という部分にあるのではないかと思います。

 

私が実践している方法は、まず一つ目にトリートメントをこまめにすることです。
お風呂で歯インバスヘアトリートメントを使用し、お風呂上がりにはタオルドライした髪の毛に洗い流さないタイプのトリートメントを使用します。また、一般的ではないかもしれませんが朝、髪の毛をセットする際にも洗い流さないタイプのトリートメントを髪全体になじませています。

 

洗い流さないトリートメント、インバストリートメント共に高価なものは使用していませんが、こまめに使用することで切れ毛や枝毛などの髪のダメージをある程度防ぐことが出来ています。

 

PR:女性用育毛剤 50代
更年期の薄毛の悩みをもつ50代女性に人気の育毛剤をあつめました。